メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ホーム »  連載・特集 »  長期生存時代の肺がん治療 »  <3>リアルワールドデータ研究の意義と今後の展望

長期生存時代の肺がん治療 長期生存時代の肺がん治療

<3>リアルワールドデータ研究の意義と今後の展望

【解説】京都大学大学院医学統計生物情報学教授/同大学病院臨床研究総合センターデータサイエンス部部長・森田智視氏

 2019年01月31日 06:00
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異陽性非小細胞肺がん(NSCLC)患者の長期生存を可能とする治療戦略を考える上で、初回治療に最も効果が強いEGFR阻害薬(EGFR-TKI)を用いるという考え方がある。その一方で、後治療を含めたシークエンス治療により全生存期間(OS)の延長を図るという考え方もある。こうしたシークエンス治療の有効性を議論するために活用されつつあるのが、リアルワールドデータ(RWD)だ。ではそもそも、なぜ最近、RWDが注目されるようになってきたのか。RWD研究の結果をどう解釈し、活用していくべきか−。早期臨床開発からRWDを用いた市販後臨床研究までを、医学統計学と生物情報学を通じて連動的に支援するための研究に取り組んでいる京都大学大学院医学統計生物情報学教授で同大学病院臨床研究総合センターデータサイエンス部部長の森田智視氏に聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  長期生存時代の肺がん治療 »  <3>リアルワールドデータ研究の意義と今後の展望

error in template: found but mtif was expected