メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 堀向健太(小児科) »  アトピー性皮膚炎の"持ち越し"をどう防ぐ?

ドクターズアイ 堀向健太(小児科) ドクターズアイ 堀向健太(小児科)

アトピー性皮膚炎の"持ち越し"をどう防ぐ?

 2019年02月08日 06:05
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:10歳以降にキャリーオーバーすると寛解は望みにくい

 小児アトピー性皮膚炎(AD)の多くは10歳前後までに寛解する。しかし一方で、2~3割が成人までキャリーオーバーすることも報告されている(Br J Dermatol 2014; 170: 130-135J Am Acad Dermatol 2016; 75: 681-687.e11)。

 そして最近実施されたメタアナリシスは、12歳以降まで持ち越したADはほぼ自然寛解しなくなってくるという結果を報告している(Allergy 2018; 73: 696-704)。

 すなわち、10歳以降にキャリーオーバーしたADはなかなか寛解が望みにくくなってくるとまとめられるだろう〔もちろん治療自体を否定していないし、症状を安定化させることも可能で、最近は生物学的製剤により状況は変わってきている(Am J Clin Dermatol 2018; 19: 145-165)〕。

 ADの発症リスクには、両親のADの既往歴(Clin Exp Allergy 2003; 33: 1226-1231)、出生した季節(Allergy 2016; 71: 1626-1631)、水の硬度(J Allergy Clin Immunol 2017; 139: 1568-1574. e1)などが報告されている。

 しかし、発症した後の小児期のADがキャリーオーバーする因子をつかむことができれば、さらに介入を重点的にできるかもしれない。

 そこで、未就学児期のADが13歳以降まで続く因子を検討した出生コホート試験の結果(JAMA Dermatol 2019; 155: 50-57)を紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

朝一のお気に入り飲料は

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 堀向健太(小児科) »  アトピー性皮膚炎の"持ち越し"をどう防ぐ?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R08518796 有効期限:8月末まで