メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  時間の風景 »  【Essay】亡父が記した祖母の記録

時間の風景 時間の風景

【Essay】亡父が記した祖母の記録

広島大学原爆放射線医科学研究所腫瘍外科教授 岡田 守人

 2019年02月09日 06:00
プッシュ通知を受取る

1902003_wfb_p012_face.png

 昨春、最も尊敬する父が90歳で生涯を閉じた。

 青年期に神戸大空襲で大火傷を負い、片眼を失明して終戦を迎えた。その後も結核などを患うなど病弱であったので、兄と私の2人の息子を授かったことに周囲は驚いたらしい。文章を書くことが好きで、数年前に何とか機能する片眼に角膜移植を断行し最後まで比較的小さな文字で日記を書き続けていた。その父が長生きでき、天寿を全うできたことは神様と献身的な介護をした87歳の母、それに支えてくれた周囲の人たちのお陰であり感謝の言葉もない。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  時間の風景 »  【Essay】亡父が記した祖母の記録