メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  長期生存時代の肺がん治療 »  <5>EGFR陽性肺がんの"後治療"を考える

長期生存時代の肺がん治療 長期生存時代の肺がん治療

<5>EGFR陽性肺がんの"後治療"を考える

【解説】順天堂大学大学院呼吸器内科学・高遼氏

 2019年02月13日 06:00
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 5年生存を目指すことが当たり前になろうとしている肺がん治療。上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異陽性の進行非小細胞肺がん(NSCLC)については、EGFRチロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)の進化によるところが大きい。特に、第三世代となるオシメルチニブは有効性の高さと毒性の低さから、日本の臨床現場でも高い支持を集めつつある。順天堂大学大学院呼吸器内科学の高遼氏も同薬に魅力を感じる1人だが、同薬一辺倒の治療戦略には疑問を抱いている。焦点は"後治療"の在り方だ。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

患者の謝礼は受け取りますか

ホーム »  連載・特集 »  長期生存時代の肺がん治療 »  <5>EGFR陽性肺がんの"後治療"を考える

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R07518874 有効期限:7月末まで