メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

ホーム »  連載・特集 »  長期生存時代の肺がん治療 »  <5>EGFR陽性肺がんの"後治療"を考える

長期生存時代の肺がん治療 長期生存時代の肺がん治療

<5>EGFR陽性肺がんの"後治療"を考える

【解説】順天堂大学大学院呼吸器内科学・高遼氏

 2019年02月13日 06:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 5年生存を目指すことが当たり前になろうとしている肺がん治療。上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異陽性の進行非小細胞肺がん(NSCLC)については、EGFRチロシンキナーゼ阻害薬(EGFR-TKI)の進化によるところが大きい。特に、第三世代となるオシメルチニブは有効性の高さと毒性の低さから、日本の臨床現場でも高い支持を集めつつある。順天堂大学大学院呼吸器内科学の高遼氏も同薬に魅力を感じる1人だが、同薬一辺倒の治療戦略には疑問を抱いている。焦点は"後治療"の在り方だ。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナで医療崩壊の危機」感じていますか?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  長期生存時代の肺がん治療 »  <5>EGFR陽性肺がんの"後治療"を考える