メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  "Less is more"、DAPTは10〜21日以内に

ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中)

"Less is more"、DAPTは10〜21日以内に

急性軽症脳梗塞や高リスクTIAへの抗血小板薬

 2019年02月18日 06:00
プッシュ通知を受取る

38名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:急性軽症脳梗塞やハイリスクTIAへの抗血小板薬2剤併用の有効性と安全性を検証

 アスピリンとクロピドグレルの併用には、血小板凝集を抑制する相乗作用がある。しかし、脳梗塞の再発予防目的で慢性期に漫然と2剤併用(dual antiplatelet;DAPT)を行っても再発率に差がないだけでなく、出血や死亡が増加することが示されてきた。一方、急性期ではDAPTの有効性が示され始めている。

 今回、急性軽症脳梗塞または高リスク一過性虚血発作(TIA)患者において、クロピドグレルとアスピリンを併用したDAPTの有効性と安全性をアスピリン単独と比較する、プラセボ対照ランダム化比較試験のデザインシステマチックレビューおよびメタ解析が行われ(BMJ 2018; 363: k5108)、診療ガイドラインが発表された(BMJ 2018; 363: k5130)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  "Less is more"、DAPTは10〜21日以内に