メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  全例を超急性期脳卒中ユニットに

ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中)

全例を超急性期脳卒中ユニットに

英国における脳卒中治療の集約化

 2019年02月26日 06:10
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:集中型急性期脳卒中サービスの影響と持続可能性を検討

 世界的に脳卒中診療システムの構築が模索されている。脳卒中ユニット、遺伝子組み換え組織プラスミノーゲンアクチベータ(rt-PA)静注療法、機械的血栓回収療法を必要としている脳卒中患者に提供するシステムとして、米国の脳卒中診療システム(包括的脳卒中センター、血栓回収脳卒中センター、一次脳卒中センター、脳卒中急性期応需病院によるネットワーク)が有名である。

 英国では二大都市圏(ロンドンとグレーター・マンチェスター)において脳卒中診療の集約化が行われ、急性期脳卒中治療のhub and spokeモデルとなった。今回、全国統計局およびセンチネル脳卒中全国監査プログラム(SSNAP)の死亡率データにリンクされた病院エピソード統計(HES)データベースから抽出した患者レベルデータを用いた後ろ向き解析により、この集中型急性期脳卒中サービスの影響と持続可能性が検討され、その結果がBMJ2019;364:l1)に発表されたので、解説する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  全例を超急性期脳卒中ユニットに

error in template: found but mtif was expected