メニューを開く 検索 ログイン

ホーム »  連載・特集 »  長期生存時代の肺がん治療 »  〈6〉肺がん遺伝子診断、NGS/既存CDxの使い分けは

長期生存時代の肺がん治療 長期生存時代の肺がん治療

〈6〉肺がん遺伝子診断、NGS/既存CDxの使い分けは

LC SCRUM Japanの取り組みと現状

2019年02月27日 06:15

2名の医師が参考になったと回答 

 肺腺がんには、多くのドライバー遺伝子が存在し、おのおのの患者層への治療開発が期待されるが、その希少性から、治療開発のためには対象患者の同定が大きな壁となる。そこで、国立がん研究センター東病院を中心として、全国肺がん遺伝子スクリーニングネットワーク「LC-SCRUM-Japan」による全国規模の肺が...

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  連載・特集 »  長期生存時代の肺がん治療 »  〈6〉肺がん遺伝子診断、NGS/既存CDxの使い分けは

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで