メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  解説 »  より積極的にDAA治療が導入か

解説 解説

より積極的にDAA治療が導入か

帝京大学内科学講座准教授・淺岡良成(共著者:同大学教授・田中篤)

2019年03月01日 05:10

1名の医師が参考になったと回答 

【編集部から】C型慢性肝炎治療は、直接作用型抗ウイルス薬(DAA)の登場により大きく進歩し、治癒可能の疾患となったが、DAAの長期予後に関しては不明であった。このたび、フランス・Sorbonne Université/仏国立衛生医学研究所(INSERM)のFabrice Carrat氏らが、DAA治...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

各地で連日30℃超えの真夏日が続く。猛暑だと外来患者は?

トップ »  連載・特集 »  解説 »  より積極的にDAA治療が導入か