メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  院外心停止患者での高度気道確保の有効性

解説 解説

院外心停止患者での高度気道確保の有効性

大阪大学大学院環境医学教室 北村哲久

 2019年03月04日 04:50
プッシュ通知を受取る

7名の先生が役に立ったと考えています。

【編集部から】総務省消防庁の全国ウツタイン登録データベースを用い、成人の連続院外心停止患者を対象に、時間依存性傾向スコア連続マッチング解析法を使用して行われた大規模コホート研究の結果、電気ショック非適応例では高度気道確保施行が生存率の改善に関連することが示された(BMJ 2019年2月28日オンライン版)。今回の研究について、研究責任者で大阪大学大学院環境医学教室の北村哲久氏に解説してもらった。(関連記事:高度気道確保が生存率改善に関連

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  院外心停止患者での高度気道確保の有効性

error in template: found but mtif was expected