メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  医学生、ザンビアに診療所を建てる »  医学生の決断、休学してザンビアへ

医学生、ザンビアに診療所を建てる 医学生、ザンビアに診療所を建てる

医学生の決断、休学してザンビアへ

 2019年03月20日 06:10
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

23029_01_face.png

 大学を休学して、ザンビア共和国の無医村マケニ村に滞在する―。国際医学生連盟 日本(IFMSA-Japan)のザンビア・ブリッジ企画代表・宮地貴士氏(秋田大学医学部4年)が下した決断だ。同企画が2017年4月に始めたマケニ村にヘルスポスト(診療所)を建設する計画は、3年目に突入しようとしている。建設資金の調達は順調で、診療所併設のスタッフハウスが完成するなど、ハード面ではほぼ予定通りの進捗といえる。しかし、同氏はもどかしさを感じ続けていた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  医学生、ザンビアに診療所を建てる »  医学生の決断、休学してザンビアへ