メニューを開く 検索を開く ログイン
【お知らせ】大型連休中の各種お手続きに関して

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  転換期迎えるアルコール依存症治療

解説 解説

転換期迎えるアルコール依存症治療

飲酒量低減薬が登場

 2019年03月25日 06:00
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 自分の意思で飲酒の量や頻度をコントロールできなくなるアルコール依存症。その治療法は、長らく飲酒を一切行わないことを目的とした「断酒」のみだった。しかし、飲酒量を減らすという新しいコンセプトに基づく「飲酒量低減薬」が今年(2019年)3月5日に登場したことを機に、治療は大きな転換点を迎えた。国内初の「減酒外来」を2017年4月に開設した久里浜医療センター(神奈川県横須賀市)において同外来の担当医師を務める湯本洋介医師に、アルコール依存症治療の現状や課題、国内初となる飲酒量低減薬に対する期待について聞いた。(関連記事:「【飲酒量低減薬】ナルメフェン」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

帰宅後も思い悩んだ診療での出来事は?

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  転換期迎えるアルコール依存症治療

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R04519599 有効期限:4月末まで