メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  新薬at a glance »  【潰瘍性大腸炎治療薬】ベドリズマブ

新薬at a glance 新薬at a glance

【潰瘍性大腸炎治療薬】ベドリズマブ

発売3カ月半で2割強が処方

 2019年04月11日 05:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 潰瘍性大腸炎の薬物治療が急速に進歩している。昨年(2018年)5月にJAK阻害薬トファシチニブ(商品名:ゼルヤンツ)、11月には既存の抗TNFα抗体とは異なる作用機序を有する生物学的製剤のベドリズマブ(同:エンタイビオ)が登場。中等症・重症患者に対する治療選択肢が拡大する中で、Medical Tribuneはベドリズマブを含む生物学的製剤の処方動向を調査。その結果、7割近い医師がインフリキシマブ(同:レミケード)の処方経験があった一方で、ベドリズマブについては発売3カ月半の時点で2割強が使用していた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医療とはサイエンスである。 だがしかし...

ホーム »  連載・特集 »  新薬at a glance »  【潰瘍性大腸炎治療薬】ベドリズマブ

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R08519682 有効期限:8月末まで