メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  もう蛋白尿はチェックしなくてよいのか

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

もう蛋白尿はチェックしなくてよいのか

厚労省・AMED研究班報告から

 2019年04月11日 13:45
プッシュ通知を受取る

64名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:nephropathyからkidney diseaseへ

 最近、糖尿病(性)腎症の概念が変化し、かつては①所見なし→②アルブミン尿→③蛋白尿→④推算糸球体濾過量(eGFR)低下→⑤透析という流れで進むと考えられていたものが、かなりの頻度で蛋白尿を示さずにeGFRが低下する患者が存在することが明らかになっている。

 このため2016年以降、糖尿病性の糸球体障害(nephropathy)と考えられていた糖尿病(性)腎症は、尿細管間質の変化も含めた腎臓病(kidney disease)、すなわち糖尿病性腎臓病(diabetic kidney disease;DKD)として捉えるべきとされるようになった(Diabetes Care 2016;39:S4-5、関連記事「変わる糖尿病腎症の概念、治療も変わる?」)。

 では今後は、eGFRの変化のみに注視し、アルブミン尿や蛋白尿には目を向ける必要はないのであろうか。このたび、その質問に対する答えがわが国の厚生労働省・日本医療研究開発機構(AMED)の研究班(班長:金沢大学・和田隆志教授)から出された(Diabetes Care 2019年3月4日オンライン版)。この腎生検を伴う報告は圧倒的な説得力があろう。わが国の誇るべき研究結果と考え、ご紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師は頼りになるパートナーか

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  もう蛋白尿はチェックしなくてよいのか

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R08519749 有効期限:8月末まで