メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  迷走するコレステロール・卵論争

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

迷走するコレステロール・卵論争

観察研究から食事を考えることの限界

 2019年04月23日 06:05
プッシュ通知を受取る

97名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:コレステロール摂取に関する勧告の乖離に迷う

 2015年の米国の食事摂取基準においては、食事中のコレステロール量や卵の摂取量は血中脂質プロファイルや心血管疾患発症リスクとは関連しないため気にする必要はないとされている(JAMA 2015;313: 2421-2422)。また、「日本人の食事摂取基準2015」においても、コレステロール摂取量の上限量(目標量)を設定するに十分な根拠がないとされている(食事摂取基準 2015, p125~126)。

 一方、その後に発表された日本動脈硬化学会の『動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017』(CQ9)、あるいは『脂質異常症診療ガイド2018』(p51)においては、コレステロール摂取量を200mg/日未満にすることによってLDL-C低下効果を期待でき、心血管疾患を予防できる可能性がある(推奨レベルA)とされている。正直、非専門家としてはこれらの勧告の乖離をどのようにとらえればよいのか迷うところである。

 そんな中、米国医師会誌に、食事中のコレステロール量や卵の摂取量が心血管疾患や全死亡の発生率と相関するという論文が掲載された(JAMA 2019;321:1081-1095)。ことによると米国の食事摂取基準に影響を与える可能性もあり、ご紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

全国的に真夏の暑さ。猛暑日の所も。先生の熱中症対策は?

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  迷走するコレステロール・卵論争

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R05519874 有効期限:5月末まで