メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) »  原発事故で先天性心疾患が増加!?

ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症)

原発事故で先天性心疾患が増加!?

神戸大学微生物感染症学講座感染治療学分野教授 岩田健太郎

 2019年04月25日 06:00
プッシュ通知を受取る

26名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:福島第一原発事故によって子供の先天性心疾患が増えたのか

 基本的に、この連載では感染症に関する論文を紹介することにしている。しかし、今回はちょっと例外で、別領域のトピックを取り扱いたい。

 というのも、SNSで「原発事故後に小児の先天性心疾患が増えた」という話が話題になっていたからだ。それを示したのが、米国心臓協会雑誌(J Am Heart Assoc)に掲載された以下の論文である。

Murase K, Murase J, Mishima A. Nationwide Increase in Complex Congenital Heart Diseases After the Fukushima Nuclear Accident. Journal of the American Heart Association. 2019 Mar 19;8(6):e009486.

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

薬のデギュスタシオン2

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 岩田健太郎(感染症) »  原発事故で先天性心疾患が増加!?