メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  日常診療に即したインスリン導入のコツ »  〈1〉インスリンヘの抵抗感の払拭がカギ

日常診療に即したインスリン導入のコツ 日常診療に即したインスリン導入のコツ

〈1〉インスリンヘの抵抗感の払拭がカギ

東京医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科主任教授 小田原 雅人 氏

 2019年04月26日 06:00
プッシュ通知を受取る

8名の先生が役に立ったと考えています。

 インスリン療法は2型糖尿病の重要な治療選択肢の1つであり、食事療法や運動療法、経口血糖降下薬治療によっても血糖コントロールが不良な場合や、高血糖による糖毒性の解除を目指す際にはインスリンの使用が考慮される。しかし、インスリン治療に抵抗を示す患者は多く、その導入は遅れがちである。東京医科大学糖尿病・代謝・内分泌内科主任教授の小田原雅人氏に、導入のコツを聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  日常診療に即したインスリン導入のコツ »  〈1〉インスリンヘの抵抗感の払拭がカギ