メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  平成の3大トピックス & 令和の医療を展望する »  呼吸器の平成と令和 倉原優

平成の3大トピックス & 令和の医療を展望する 平成の3大トピックス & 令和の医療を展望する

呼吸器の平成と令和 倉原優

国立病院機構近畿中央呼吸器センター内科

2019年04月29日 06:00

5名の医師が参考になったと回答 

平成を彩った3大ニュース 1.生物学的製剤の進歩  関節リウマチにおいては、2003年から生物学的製剤が用いられるようになったが、喘息診療では2009年にオマリズマブ(商品名ゾレア)が臨床現場で使用されるようになった。当時の喘息診療医は皆、高IgE血症の喘息患者に対する劇的な効果に驚愕した。現在は、...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  連載・特集 »  平成の3大トピックス & 令和の医療を展望する »  呼吸器の平成と令和 倉原優