メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  平成の3大トピックス & 令和の医療を展望する »  呼吸器の平成と令和 倉原優

平成の3大トピックス & 令和の医療を展望する 平成の3大トピックス & 令和の医療を展望する

呼吸器の平成と令和 倉原優

国立病院機構近畿中央呼吸器センター内科

 2019年04月29日 06:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

平成を彩った3大ニュース

1.生物学的製剤の進歩

 関節リウマチにおいては、2003年から生物学的製剤が用いられるようになったが、喘息診療では2009年にオマリズマブ(商品名ゾレア)が臨床現場で使用されるようになった。当時の喘息診療医は皆、高IgE血症の喘息患者に対する劇的な効果に驚愕した。現在は、さらに3剤がラインナップが加わり、メポリズマブ(同ヌーカラ)、ベンラリズマブ(同ファセンラ)、デュピルマブ(同デュピクセント)が用いられている。いずれもインターロイキンに対する生物学的製剤で、好酸球数が高い喘息患者に著効することが示されている。

 アトピー性疾患を有する喘息患者の場合はデュピルマブによる恩恵を受けやすく、鼻ポリープを合併し好酸球性副鼻腔炎を有する喘息患者の場合はメポリズマブによる恩恵を受けやすいというエキスパートオピニオンはあるが、喘息においてこれらのhead to head試験は組まれておらず、使い分けは難しい。

 平成に入るまで、ステロイド依存に陥っていた治療ステップ4の喘息患者にとって、生物学的製剤や気管支サーモプラスティなど治療選択肢幅が広がったことは福音である。

 しかし、生物学的製剤といえども、関節リウマチに対しても喘息に対しても、原因を治すものではない。故に中止すると再燃する例があるのは事実である。次の時代に「根治」という課題をいまだ残しているとも言えよう。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

患者の謝礼は受け取りますか

ホーム »  連載・特集 »  平成の3大トピックス & 令和の医療を展望する »  呼吸器の平成と令和 倉原優

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R07519947 有効期限:7月末まで