メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  平成の3大トピックス & 令和の医療を展望する »  肝臓病の平成と令和 田中篤

平成の3大トピックス & 令和の医療を展望する 平成の3大トピックス & 令和の医療を展望する

肝臓病の平成と令和 田中篤

帝京大学内科学講座教授

 2019年04月30日 06:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

平成を彩った3大ニュース

1. C型肝炎ウイルスの発見 1989年(平成元年)

 肝臓専門医にとって、平成という時代はおそらくC型肝炎の時代だった。

 C型肝炎ウイルスの発見が報告されたのは1989年のことである。昭和の時代には原因不明であった非A非B型肝炎の大半がC型肝炎ウイルス感染に起因すること、持続感染が高率に肝硬変・肝細胞がんを引き起こすことが瞬く間に明らかとなり、肝臓専門医にとって平成という時代はC型肝炎に対する闘いから幕を開けたといっても過言でない。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  平成の3大トピックス & 令和の医療を展望する »  肝臓病の平成と令和 田中篤

error in template: found but mtif was expected