メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  平成の3大トピックス & 令和の医療を展望する »  小児アレルギーの平成と令和 堀向健太

平成の3大トピックス & 令和の医療を展望する 平成の3大トピックス & 令和の医療を展望する

小児アレルギーの平成と令和 堀向健太

東京慈恵会医科大学葛飾医療センター小児科

 2019年05月01日 06:00
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

平成を彩った3大ニュース

1.小児喘息死が初めて「ゼロ」を記録 2018年(平成30年)

 気管支喘息の病態に関し、気管支平滑筋の収縮という概念から「気道の慢性炎症」が基礎にあるという常識が広まったことが大きな治療転換点となった。

 その結果、吸入ステロイド薬が広く普及することになり、成人にやや遅れて小児でも使用率が上がり、小児における気管支喘息死は大きく減少した()。ブデソニド吸入用懸濁液(パルミコート吸入液)の登場で、乳幼児にも吸入薬の恩恵が受けられるようになったことも朗報だった。

図. 小児喘息死者数の推移

23256_fig1.png

(厚生労働省人口動態統計)

 もちろん、ステロイド薬だけでなくガイドライン(GL)の整備や抗ロイコトリエン薬の使用も寄与し、2018年、わが国で初めて小児喘息死が「ゼロ」を記録した。

 私が医師になった1998年ごろは、ちょうど吸入ステロイド薬の中でも標準的な薬剤であるフルチカゾンが小児に適応される直前であり、抗ロイコトリエン薬も含め、その前後を強く体感することになった。

 さらに、気道炎症を反映する呼気一酸化窒素測定が保険適用され、コントロールの指標が増え、一歩進めた喘息管理ができるようになった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

全国的に真夏の暑さ。猛暑日の所も。先生の熱中症対策は?

ホーム »  連載・特集 »  平成の3大トピックス & 令和の医療を展望する »  小児アレルギーの平成と令和 堀向健太

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R05519825 有効期限:5月末まで