メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  北米への臨床留学に憧れて

寄稿 寄稿

北米への臨床留学に憧れて

私の留学体験記【第1回】
帝京大学附属病院高度救命救急センター講師 伊藤 香

 2019年05月12日 06:00
プッシュ通知を受取る

留学に至った経緯:

"家庭を持ちながらも一線で働くことのできる外科医"への道を模索

 筆者は1998年、医学部5年生の時に、カナダへ短期留学する機会があり、そこで第一線で活躍する女性の心臓外科医に出会った。彼女はカナダでトップクラスの病院のエース的存在でありながら、結婚もしていて子供も2人いた。その当時の日本では女性外科医はまだ稀少な存在だったため、堂々たる活躍を見せながらもワークライフバランスを保っている北米の女性外科医の姿に衝撃を受けた。その出会い以来、北米への臨床留学にあこがれ、彼女をロールモデルとし、家庭を持ちながらも一線で働くことのできる外科医となる道を模索し始めた。

ミシガン州立大学外科レジデンシープログラムのパンフレットの表紙を飾った1枚

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

全国的に真夏の暑さ。猛暑日の所も。先生の熱中症対策は?

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  北米への臨床留学に憧れて

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R05520122 有効期限:5月末まで