メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  新薬at a glance »  【気管支喘息治療薬】ベンラリズマブ

新薬at a glance 新薬at a glance

【気管支喘息治療薬】ベンラリズマブ

発売1年で半数の医師が処方

 2019年05月14日 06:00
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 日本では、既存薬を用いても症状をコントロールできない重症喘息に対し、免疫・炎症に関与するサイトカインを標的とする生物学的製剤が2009年に初めて登場した。Medical Tribuneは、昨年(2018年)1月に承認されたベンラリズマブ(商品名:ファセンラ)を含む3剤の処方動向を調査。その結果、最初に発売されたオマリズマブ(ゾレア)が圧倒的にリードしていた。ベンラリズマブとメポリズマブ(ヌーカラ)は発売時期に約2年の開きがあるものの、新機序に伴う効果への期待感から処方率はほぼ同じで5割程度であった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  新薬at a glance »  【気管支喘息治療薬】ベンラリズマブ

error in template: found but mtif was expected