メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  慢性期の脳梗塞再発を安全に半減

ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中)

慢性期の脳梗塞再発を安全に半減

シロスタゾールを含む抗血小板薬2 剤併用療法

 2019年06月28日 05:10
プッシュ通知を受取る

44名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:シロスタゾールを含めたDAPTの効果と安全性を検討

 慢性期非心原性虚血性脳卒中患者に対するアスピリンとクロピドグレルを用いた抗血小板薬2剤併用療法(dual antiplatelet therapy:DAPT)には血小板凝集を抑制する相乗作用があり、抗血小板薬単剤療法(single antiplatelet therapy:SAPT)よりも虚血性脳卒中の早期再発を軽減することが示されている。しかし脳梗塞の再発予防のために慢性期に漫然とDAPTを継続すると再発に差がなくなり、出血や死亡が増加することが示されてきた。

 これまでにシロスタゾールはプラセボあるいはアスピリンと比べて重篤な出血の発生率を増加させることなく脳卒中の再発を予防することが、2件の大規模試験Cilostazol Stroke Prevention Study(CSPS)とCSPS2で示されている(J Stroke Cerebrovasc 2000; 9: 147-157Lancet Neurol 2010; 9: 959-968)。今回、慢性期非心原性虚血性脳卒中患者に対してシロスタゾールを含めたDAPTによる脳梗塞再発予防が安全で長期使用に適するかどうかを検討する多施設非盲検対照ランダム化比較試験Cilostazol Stroke Prevention Study. Combination(CSPS.com)研究結果が発表された(Lancet Neurol 2019; 18: 539-548)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

介護脱毛(アンダーヘアの脱毛)が普及の兆し。推奨できますか?

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  慢性期の脳梗塞再発を安全に半減

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R07520511 有効期限:7月末まで