メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  時代はGLP-1受容体作動薬!

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

時代はGLP-1受容体作動薬!

経口セマグルチドのPIONEER 6試験から

 2019年07月03日 05:10
プッシュ通知を受取る

13名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:"第二選択薬"の立ち位置にあるGLP-1受容体作動薬

 昨年(2018年)の米国糖尿病学会(ADA)/欧州糖尿病学会(EASD)の合同レポートにおいて、第一選択薬のメトホルミンに次いで使用されるべき薬剤は、ほぼSGLT2阻害薬かGLP-1受容体作動薬かの二択とされた(Diabetes Care 2018;41:2669-2701、関連記事「ほぼ2つに絞られた糖尿病第二選択薬」)。

 この2つの薬剤を比較すると、SGLT2阻害薬が経口薬であるのに対し、GLP-1受容体作動薬は注射薬であり、患者の受容や医療費という観点から考えると、圧倒的にSGLT2阻害薬の方が優先されやすい傾向にあったと思う。

 このたび、経口GLP-1受容体作動薬の経口セマグルチドの心血管アウトカム試験PIONEER 6が米国糖尿病学会年次学術集会(ADA 2019)で発表され、即日N Engl J Med2019年6月11日オンライン版)に掲載された。未発売製剤ではあるが、近い将来においてわが国でも上市され、インクレチン関連薬の市場を大きく塗り替える可能性があると考えご紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

介護脱毛(アンダーヘアの脱毛)が普及の兆し。推奨できますか?

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  時代はGLP-1受容体作動薬!

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R07520630 有効期限:7月末まで