メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  時代はGLP-1受容体作動薬!

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

時代はGLP-1受容体作動薬!

経口セマグルチドのPIONEER 6試験から

2019年07月03日 05:10

24名の医師が参考になったと回答 

研究の背景:"第二選択薬"の立ち位置にあるGLP-1受容体作動薬  昨年(2018年)の米国糖尿病学会(ADA)/欧州糖尿病学会(EASD)の合同レポートにおいて、第一選択薬のメトホルミンに次いで使用されるべき薬剤は、ほぼSGLT2阻害薬かGLP-1受容体作動薬かの二択とされた(Diabetes C...

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  時代はGLP-1受容体作動薬!