メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  新薬at a glance »  【前立腺がん治療薬】アパルタミド

新薬at a glance 新薬at a glance

【前立腺がん治療薬】アパルタミド

未処方の医師の6割が処方意向

 2019年07月17日 05:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 ホルモン療法が効かなくなり、がんが再び勢いを増す去勢抵抗性前立腺がん(CRPC)。Medical Tribuneでは、今年(2019年)5月に転移のないCRPC(nmCRPC)に対する新薬として発売され、転移の抑制効果が示されているアパルタミドの処方動向について調査を行った。発売直後にもかかわらず回答した医師の1割強が処方していた。nmCRPCでは転移を抑える治療が積極的に行われているとは言い難い状況だが、未処方の医師の6割が処方意向を示すなど、アパルタミドの登場によって治療戦略が変わる可能性が示唆された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

医療大麻、日本で認めてよい?

ホーム »  連載・特集 »  新薬at a glance »  【前立腺がん治療薬】アパルタミド

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R10520784 有効期限:10月末まで