メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  新薬at a glance »  【前立腺がん治療薬】アパルタミド

新薬at a glance 新薬at a glance

【前立腺がん治療薬】アパルタミド

未処方の医師の6割が処方意向

 2019年07月17日 05:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 ホルモン療法が効かなくなり、がんが再び勢いを増す去勢抵抗性前立腺がん(CRPC)。Medical Tribuneでは、今年(2019年)5月に転移のないCRPC(nmCRPC)に対する新薬として発売され、転移の抑制効果が示されているアパルタミドの処方動向について調査を行った。発売直後にもかかわらず回答した医師の1割強が処方していた。nmCRPCでは転移を抑える治療が積極的に行われているとは言い難い状況だが、未処方の医師の6割が処方意向を示すなど、アパルタミドの登場によって治療戦略が変わる可能性が示唆された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  新薬at a glance »  【前立腺がん治療薬】アパルタミド

error in template: found but mtif was expected