メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  憧れの向こうにあるもの:ボストン研究留学の一例

寄稿 寄稿

憧れの向こうにあるもの:ボストン研究留学の一例

私の留学体験記【第2回】

ハーバード医科大学 マサチューセッツ総合病院 感染症学講座 ワクチン免疫療法センター 君塚 善文〔現・防衛医科大学校 内科学教室(感染症・呼吸器)〕

 2019年07月21日 05:00
プッシュ通知を受取る


競争に巻き込まれることになった就職活動

 関連病院で平凡な10年目の臨床医として汗を流す私に、ボストンに留学していた先輩から「マサチューセッツ総合病院(MGH)の感染症学講座でマウスの感染症モデルを扱えるポスドクを募集している」という知らせがあったのは2013年秋ごろのことであった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  憧れの向こうにあるもの:ボストン研究留学の一例