メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  日常診療に即したインスリン導入のコツ »  〈4〉インスリン導入のコツ、地域中核病院の視点

日常診療に即したインスリン導入のコツ 日常診療に即したインスリン導入のコツ

〈4〉インスリン導入のコツ、地域中核病院の視点

鹿児島大学大学院 健康科学専攻糖尿病・内分泌内科学教授 西尾 善彦 氏

 2019年07月29日 05:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 1型糖尿病治療ではインスリン製剤は必須だが、2型糖尿病治療においても重要な役割を担う薬剤であることは言うまでもない。しかし注射製剤という特性上、経口薬とは異なり治療導入に幾つかの注意が必要である。そこで、インスリン製剤導入のポイントと注意点について、鹿児島大学大学院健康科学専攻糖尿病・内分泌内科学教授の西尾善彦氏に話を聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  日常診療に即したインスリン導入のコツ »  〈4〉インスリン導入のコツ、地域中核病院の視点