メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) »  熱中症:診療所3種の神器は霧吹き(40℃の湯)、扇風機、シャーベット状氷!

ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) ドクターズアイ 仲田和正(総合診療)

熱中症:診療所3種の神器は霧吹き(40℃の湯)、扇風機、シャーベット状氷!

西伊豆健育会病院病院長 仲田 和正

 2019年08月02日 11:40
プッシュ通知を受取る

50名の先生が役に立ったと考えています。

 N Engl J Med2019; 380: 2449-2459)に熱射病(heat stroke)総説がありました。今年も日本は酷暑が続きそうです。

 N Eng J Medでは2002; 346; 1978-1988にも熱射病(heat stroke)の総説がありました(関連リンク1、関連記事)。

 今回17年ぶりの熱射病総説ですが、驚いたのはほとんど進歩がないことです。今回より17年前の総説の方が詳しいくらいでしたので、今回の総説に前回総説を補足しながら説明します。

 N Engl J Med2019; 380: 2449-2459)熱射病(heat stroke)総説の最重要点14は以下の通りです。

  1. 診療所必需品は霧吹き(40℃の湯)、扇風機、シャーベット状氷(頸・腋下・鼠径に)
  2. 熱中症は、熱失神<熱痙攣<熱疲労<熱射病・日射病の順に重症化
  3. 熱失神は血管拡張で脳血流減少、立ちくらみ、失神、体温正常
  4. 熱痙攣は筋痙攣、こむらがえり、水分のみで塩分補給なしで発症。38℃以下。輸液
  5. 熱疲労は塩・水分失い悪心、嘔吐、頭痛、めまい、低血圧、 38~39℃。生食輸液
  6. 古典的熱射病は高熱環境により40℃以上、体はドライで呼吸性アルカローシス
  7. 古典的熱射病は体温調節不良の小児、高齢者で多く薬剤(β遮断薬、抗コリンなど)に注意
  8. 労作性熱中症はwet,呼吸性アルカローシス+乳酸アシドーシス。肝腎障害、ARDS、CK↑、K↑、Ca↓
  9. 熱射病は血流が内臓から皮膚へ移動、腸管虚血でendotoxinが血流に入る
  10. 発熱+昏睡はまず熱射病否定。鑑別は脳・髄膜炎、脳出血、てんかん、薬物、悪性症候群
  11. 体温40.5℃以下で意識は普通回復。脳損傷は小脳に集中、プルキンエ細胞萎縮
  12. 冷却は40℃水をスプレー+扇風機、シャーベット状氷を頸・腋下・鼠径に。38度で中止
  13. 熱射病にアスピリン、アセトアミノフェンは不可!肝障害、凝固障害起こす
  14. 家ではエアコン、扇風機、冷水シャワー使用、ショッピングモールや映画館で過ごせ。人と接触を

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

薬剤師は頼りになるパートナーか

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 仲田和正(総合診療) »  熱中症:診療所3種の神器は霧吹き(40℃の湯)、扇風機、シャーベット状氷!

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R08520971 有効期限:8月末まで