メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  死亡7例! 良薬イベニティを毒薬にした要因

寄稿 寄稿

死亡7例! 良薬イベニティを毒薬にした要因

東京脳神経センター整形外科・脊椎外科部長 川口浩

 2019年08月16日 16:28
プッシュ通知を受取る

189名の先生が役に立ったと考えています。

〔編集部から〕今年(2019年)3月に発売された骨粗鬆症治療薬ロモソズマブ(商品名イベニティ)の市販直後調査で、死亡例を含む重篤な心血管疾患が多発していることが明らかになった(関連記事「新薬ロモソズマブ、重篤心血管疾患が多発」)。販売メーカーが8月8日に発表したリリースによると、同薬との関連を否定できない死亡例は7例に上っている。医療人・医療業界はこの緊急事態をどう受け止めるべきなのか―。東京脳神経センター整形外科・脊椎外科部長の川口浩氏は緊急提言している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  死亡7例! 良薬イベニティを毒薬にした要因