メニューを開く 検索 ログイン

トップ »  連載・特集 »  熱論!タバコ問題 »  第1回 :全ての診療科に関連する!? タバコ問題を再考する

熱論!タバコ問題 熱論!タバコ問題

 タバコ問題は決して過去の話ではない。現在でも病因の多くを喫煙が占め、タバコを吸い続ける患者ほど病状の悪化を招き、次の疾患にかかり、死期を早める。既知の確率通りにこれらの事象は起きている。単に、「タバコは健康に悪いからやめればいい」では解決しない問題なのだが、世にあふれる喫煙をめぐる議論はいつも表層的だ。議論が足りていない。私が言うことがいつも正しいとも思っていないし、正しさだけが重要なわけでもない。この連載が、議論を深めるきっかけになればと思う。

*編集部注:一般に「タバコ」は植物を指し、製品は「たばこ」と記されるが、本連載では製品を「タバコ」と記す。

第1回 :全ての診療科に関連する!? タバコ問題を再考する

2019年08月23日 05:05

54名の医師が参考になったと回答 

 タバコ問題は誰の問題だろうか。  この連載を開始するに当たり、初めに考えたことはタバコ問題と関連のない診療科があるのだろうか、ということだった。私は以前、血液内科医として働いていた。今振り返ってみると、当時の私はタバコ問題に無関心過ぎた。喫煙により急性骨髄性白血病の罹患率が増えるばかりでなく、白血...

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  連載・特集 »  熱論!タバコ問題 »  第1回 :全ての診療科に関連する!? タバコ問題を再考する

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD521026 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外