メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  熱論!タバコ問題 »  第1回 :全ての診療科に関連する!? タバコ問題を再考する

熱論!タバコ問題 熱論!タバコ問題

 タバコ問題は決して過去の話ではない。現在でも病因の多くを喫煙が占め、タバコを吸い続ける患者ほど病状の悪化を招き、次の疾患にかかり、死期を早める。既知の確率通りにこれらの事象は起きている。単に、「タバコは健康に悪いからやめればいい」では解決しない問題なのだが、世にあふれる喫煙をめぐる議論はいつも表層的だ。議論が足りていない。私が言うことがいつも正しいとも思っていないし、正しさだけが重要なわけでもない。この連載が、議論を深めるきっかけになればと思う。

*編集部注:一般に「タバコ」は植物を指し、製品は「たばこ」と記されるが、本連載では製品を「タバコ」と記す。

第1回 :全ての診療科に関連する!? タバコ問題を再考する

 2019年08月23日 05:05
プッシュ通知を受取る

49名の先生が役に立ったと考えています。

 タバコ問題は誰の問題だろうか。

 この連載を開始するに当たり、初めに考えたことはタバコ問題と関連のない診療科があるのだろうか、ということだった。私は以前、血液内科医として働いていた。今振り返ってみると、当時の私はタバコ問題に無関心過ぎた。喫煙により急性骨髄性白血病の罹患率が増えるばかりでなく、白血病患者が喫煙していると肺炎や感染症のリスクが高まり、死亡につながることは分かっていた。にもかかわらず、当時の私は禁煙サポートのノウハウを知らず、骨髄移植を控えてなお喫煙を続けていた白血病患者に対して「死ぬから禁煙してくださいね」と言うだけだった。結局、その患者は禁煙できなかった。

 当時の私は、血液内科医は診断や治療といった医療行為を行うことだけが仕事だと思っていた。治療には、化学療法は含まれるが、禁煙サポートまで含まれるとは考えていなかった。医療者として、タバコ問題を自分事だとは捉えられていなかったのである。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ご自身の診療領域のガイドラインが改訂

ホーム »  連載・特集 »  熱論!タバコ問題 »  第1回 :全ての診療科に関連する!? タバコ問題を再考する

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R12521026 有効期限:12月末まで