メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  新薬at a glance »  【爪白癬治療薬】ホスラブコナゾール

新薬at a glance 新薬at a glance

【爪白癬治療薬】ホスラブコナゾール

併用禁忌薬・併用注意薬の少なさに注目集まる

 2019年08月27日 05:00
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 従来、爪白癬治療では経口薬2剤(テルビナフィン、イトラコナゾール)と外用薬2剤(エフィナコナゾール、ルリコナゾール)が使用されてきたが、昨年(2018年)に経口薬としては約20年ぶりとなるホスラブコナゾール(商品名:ネイリン)が承認され、治療選択肢は拡大している。Medical Tribuneでは、発売からおよそ1年が経過したホスラブコナゾールの処方動向および経口薬と外用薬の使い分けの実態について調査した。その結果、爪白癬の治療に携わる皮膚科医の3割強が「よく処方する」と答え、うち3割が「併用禁忌薬・併用注意薬が少ない」を理由に挙げた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  新薬at a glance »  【爪白癬治療薬】ホスラブコナゾール

error in template: found but mtif was expected