メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  エネルギー制限食推奨者に新たな憂鬱

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

エネルギー制限食推奨者に新たな憂鬱

Look AHEAD試験のpost hoc解析から

 2019年09月05日 05:07
プッシュ通知を受取る

13名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:日本の糖尿病食事療法の転換点、ガイドライン刊行も遅れる

 日本糖尿病学会の『糖尿病診療ガイドライン』はおよそ3年に一度改訂されており、本来、今年(2019年)は『糖尿病診療ガイドライン2019』が刊行される予定の年である。通常は毎年5月に開催される年次学術集会に合わせて刊行されるので、既に世に出ているはずあった。しかし、食事療法についての内容が定め切れないとのことで5月の刊行が見送られ、9月末までずれ込む見通しである。今まさに、日本における糖尿病食事療法の転換点が到来しているのである(なお、私自身はガイドラインの作成委員ではなく、その改訂内容を9月4日時点で全く知らない)。

 この転換のポイントを私なりに2つ挙げるとすると、1つは糖質制限食を新たに採用するかどうかであり、もう1つがエネルギー制限食をこれまで通りに採用し続けるかどうかである。ガイドラインは必ず根拠に基づくものでなければならないという現在のルール(Ann Intern Med 2012;156:525-531JAMA 2019年7月19日オンライン版)に従えば、私たちのシステマチックレビューに基づき、糖質制限食は積極的に採用し、エネルギー制限食は採用をやめるということになる(Nutrients 2018;10:E1080)。

 しかし、なお因習にとらわれ、エネルギー制限食を推奨し続けたいと欲する人たちもいるようであり、それがガイドラインの刊行の遅延につながっている(と思われる)。そんな中、エネルギー制限食に関する新たな解析データが発表され、肥満合併2型糖尿病患者がエネルギー制限食+身体活動増加によって体重を減らし、HbA1cを改善しても、心血管疾患リスクは減少しない可能性が示唆された。それも、エネルギー制限食研究の金字塔とも言うべきLook AHEAD試験のポストホック(事後)解析においてである(Diabetes Care 2019年8月15日オンライン版)。

 無用のエネルギー制限によってサルコペニア、フレイルが医原性につくられることを懸念している私にとって重要なデータであり、ご紹介したい

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

来年のNHK大河は明智光秀

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  エネルギー制限食推奨者に新たな憂鬱

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R11521402 有効期限:11月末まで