メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  急増!心不全 »  駆出率が保持された心不全に迫る

急増!心不全 急増!心不全

駆出率が保持された心不全に迫る

新しい分類と診断基準を踏まえて

 2019年09月27日 14:09
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 近年、世界的に心不全患者数が増加傾向にあり、超高齢社会を迎えた日本では、その爆発的増加、いわゆる心不全パンミデックの状態に陥ることが懸念されている。日本循環器学会の循環器疾患診療実態調査(J-ROAD)によると、2013年以降、心不全入院患者は毎年約1万人ずつ増加しているという(Circulation 2018; 138: 965-967)。特に、日本において急増が危惧される左室駆出率(left ventricular ejection fraction;LVEF)が保持された心不全患者の特徴や病態、治療などについて解説する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  急増!心不全 »  駆出率が保持された心不全に迫る