メニューを開く 検索 ログイン

ホーム »  連載・特集 »  治療+アピアランスケア »  顔面神経麻痺をメイクで補うケアの試み

治療+アピアランスケア 治療+アピアランスケア

顔面神経麻痺をメイクで補うケアの試み

 2019年09月30日 05:10
プッシュ通知を受取る

10名の先生が役に立ったと考えています。

 顔面神経麻痺を来すと目、眉、口や頬などの左右対称性が失われ、若い女性患者では外出するのが苦痛になる者もいる。しかし化粧(メイク)により顔面の対称性を補うメイクアップケア(アピアランスケア)で、患者のQOLの改善が期待できるという。北海道大学大学院耳鼻咽喉科・頭頸部外科学教室講師の藤原圭志氏に、同科...

…こちらからログインして続きを読む

新規会員登録はこちら

    

新規会員登録はこちら

ワンクリックアンケート

トンデモ医療の被害にあった患者を知っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  治療+アピアランスケア »  顔面神経麻痺をメイクで補うケアの試み