メニューを開く 検索 ログイン

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  解説:肺指定難病への新治療法の実用化が見えた

解説 解説

解説:肺指定難病への新治療法の実用化が見えた

中田 光(新潟大学医歯学総合病院臨床研究推進センター部長・教授)

2019年09月30日 05:05

3名の医師が参考になったと回答 

 自己免疫性肺胞蛋白症は末梢気道に過剰なサーファクタントが貯留し、徐々に呼吸不全が進行する希少肺難病である。本邦には3,300人の患者がおり、壮年の男性に多く、難治例は呼吸不全や感染症で亡くなる場合もある。同症は国の指定難病となっている。〔関連記事:肺の指定難病に新たなサイトカイン吸入療法〕  最初...

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

冬山登山で遭難。どう思う?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  解説:肺指定難病への新治療法の実用化が見えた

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで