メニューを開く 検索を開く ログイン

【重要なお知らせ】メンテナンス完了に伴い、セキュリティ向上のため、会員の皆さまには再度ログインをお願いしております。パスワード再発行はこちら

ホーム »  連載・特集 »  新薬at a glance »  【関節リウマチ薬】バリシチニブ

新薬at a glance 新薬at a glance

【関節リウマチ薬】バリシチニブ

JAK阻害薬の処方医師は少数派

 2019年10月08日 05:00
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 関節リウマチの治療では、生物学的製剤に匹敵する効果を有する経口薬のJAK阻害薬が2013年に登場し、さらなる進化を遂げている。Medical Tribuneでは、発売から1年が経過した関節リウマチで2剤目のJAK阻害薬バリシチニブ(商品名オルミエント)の使用状況を探るべく、生物学的製剤(バイオ後続品を含む)とJAK阻害薬について処方動向を調査した。その結果、既存薬での効果不十分例に対するJAK阻害薬の処方割合は2割にとどまり、普及が進まない実態が浮き彫りとなった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

年末年始の予定は決まった?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  新薬at a glance »  【関節リウマチ薬】バリシチニブ