メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  経口の爪白癬治療薬はどう変わったか

解説 解説

経口の爪白癬治療薬はどう変わったか

20年ぶりの経口薬・ホスラブコナゾール

 2019年10月29日 05:00
プッシュ通知を受取る

6名の先生が役に立ったと考えています。

 爪白癬の原因は、長年放置した足白癬である。早期の足白癬は根気よく外用抗真菌薬を塗布することで改善するが、爪白癬の完全治癒には経口抗真菌薬が不可欠である。昨年(2018年)、約20年ぶりの経口爪白癬治療薬ホスラブコナゾールが承認された。「爪が人の健康に果たす役割は大きい」と指摘するお茶の水真菌アレルギー研究所所長/順天堂大学特任教授の比留間政太郎氏に、従来の爪白癬治療が抱えていた課題と最新治療について聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

外出先で和式トイレを使う?

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  経口の爪白癬治療薬はどう変わったか

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R11521976 有効期限:11月末まで