メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  寄稿 »  「フェブキソスタットで死亡増」の本当の理由

寄稿 寄稿

「フェブキソスタットで死亡増」の本当の理由

2019年11月01日 05:00

102名の医師が参考になったと回答 

はじめに  アロプリノール、フェブキソスタット、トピロキソスタットなどの痛風・高尿酸血症治療薬は日常臨床で処方されることの多い医薬品である。アロプリノールを除き、日本で開発された点でも重要である。これらの薬剤はキサンチン酸化還元酵素(XOR)を阻害することにより尿酸産生を抑制し、痛風および高尿酸血...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

内臓脂肪減少薬アライがダイレクトOTCとして発売、懸念点は?

トップ »  連載・特集 »  寄稿 »  「フェブキソスタットで死亡増」の本当の理由