メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  「フェブキソスタットで死亡増」の本当の理由

寄稿 寄稿

「フェブキソスタットで死亡増」の本当の理由

 2019年11月01日 05:00
プッシュ通知を受取る

101名の先生が役に立ったと考えています。

はじめに

 アロプリノール、フェブキソスタット、トピロキソスタットなどの痛風・高尿酸血症治療薬は日常臨床で処方されることの多い医薬品である。アロプリノールを除き、日本で開発された点でも重要である。これらの薬剤はキサンチン酸化還元酵素(XOR)を阻害することにより尿酸産生を抑制し、痛風および高尿酸血症に対し治療効果を発揮する。

 最近、これらの薬剤の循環器疾患に対する影響が話題となっているので、以下に解説する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  寄稿 »  「フェブキソスタットで死亡増」の本当の理由

error in template: found but mtif was expected