メニューを開く 検索

トップ »  連載・特集 »  ”名薬”温故知新 »  <対談>改めて考える三環系抗うつ薬の使いどころ

”名薬”温故知新 ”名薬”温故知新

<対談>改めて考える三環系抗うつ薬の使いどころ

2019年11月06日 05:05

8名の医師が参考になったと回答 

 三環系抗うつ薬(TCA)は、長らくうつ病の薬物治療において中心的な役割を果たしてきた。しかし、多様な神経伝達物質受容体阻害作用による強い自律神経系副作用という課題があったことから、より選択性を高めた新規抗うつ薬に第一選択薬の座を譲って久しい。現在ではTCAの処方経験がない若手医師も少なくないといわ...

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  連載・特集 »  ”名薬”温故知新 »  <対談>改めて考える三環系抗うつ薬の使いどころ