メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  日本の脳梗塞の転帰は改善している

ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中)

日本の脳梗塞の転帰は改善している

包括的脳卒中センター能力の改善が予後に影響

 2019年11月08日 14:10
プッシュ通知を受取る

18名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:日本の脳梗塞の転帰は不明

 急性虚血性脳卒中(脳梗塞)の予後は、遺伝子組み換え組織プラスミノーゲンアクチベータ(recombinant tissue plasminogen activator:rt-PA)静注療法や機械的血栓回収療法(mechanical thrombectomy)などの登場で劇的に改善しているが、日本全体で見ると転帰は改善しているのだろうか。

 わが国の包括的脳卒中センター(comprehensive stroke center:CSC)に関わる診断群分類包括評価(Diagnosis Procedure Combination:DPC)データを用いた登録研究J-ASPECT (Nationwide survey of Acute Stroke care capacity for Proper dEsignation of Comprehensive stroke cenTer in Japan)では、わが国におけるCSC能力の時間的変化が予後に及ぼす影響が調べられた(Int J Stroke 2019年10月25日オンライン版)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

QRコード使っている?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  日本の脳梗塞の転帰は改善している

error in template: found but mtif was expected