メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  JAK阻害薬の相次ぐ登場で治療戦略が変化

解説 解説

JAK阻害薬の相次ぐ登場で治療戦略が変化

リウマチ治療にパラダイムシフト

 2019年11月20日 05:05
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

 関節リウマチ(RA)の治療に大きな変革をもたらした生物学的製剤が登場して今年(2019年)で16年になる。RA患者の予後改善に大きな役割を果たした一方で、副作用で使用できない、あるいは効果不十分な患者が一定数おり、新たな薬剤が待ち望まれていた。そうした中、経口薬でありながら生物学的製剤に匹敵する効果を有するヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬が6年前に使用可能になり、RAの治療はさらなる進化を遂げている。東京女子医科大学膠原病リウマチ内科学教授・講座主任の針谷正祥氏に、RAの薬物治療の最新動向を聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

家庭で楽しみな風呂は?

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  JAK阻害薬の相次ぐ登場で治療戦略が変化

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R12522376 有効期限:12月末まで