メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  Culture Review みる よむ まなぶ »  人生の締め切りを意識して生きる

Culture Review みる よむ まなぶ Culture Review みる よむ まなぶ

人生の締め切りを意識して生きる

がん患者3,500人以上と対話した精神腫瘍科医の思い

 2019年11月21日 15:15
プッシュ通知を受取る

9名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像

 『もしも一年後、この世にいないとしたら。』―。一瞬にして目を奪われ、すぐに背けたくなるようなタイトルだ。著者は、国立がん研究センター中央病院精神腫瘍科科長の清水研氏。表紙には、柔和な笑みを浮かべた同氏の近影の脇に、"人生の締切を意識すると明日が変わる"とのコピーが添えられている。31歳でがん患者の心のケアを託され、これまで15年以上にわたり、3,500人を超える患者と対話を重ねてきた同氏が学んだことや本書に込めた思いとは―。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  Culture Review みる よむ まなぶ »  人生の締め切りを意識して生きる

error in template: found but mtif was expected