メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  治療+アピアランスケア »  がんとの共存を支える情報提供の在り方

治療+アピアランスケア 治療+アピアランスケア

がんとの共存を支える情報提供の在り方

 2019年11月29日 05:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 近年、がん治療の進歩により患者の生命予後が著しく改善されたことで、治療に関する情報だけでなく、社会生活上の問題への対処法などを求める声が高まっている。例えば、抗がん薬治療に伴い脱毛などの外見に変化を来すと、自尊心が損なわれて外出を避けるようになる人もいる。しかし、外見のケア(アピアランスケア)に関する情報を提供し実践してもらうと、喪失感が和らぎ気持ちが前向きになるケースは少なくないという。国立がん研究センター東病院精神腫瘍科長の小川朝生氏に、がん患者に提供すべき情報の種類や提供の在り方を聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ご自身の診療領域のガイドラインが改訂

ホーム »  連載・特集 »  治療+アピアランスケア »  がんとの共存を支える情報提供の在り方

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R12522375 有効期限:12月末まで