メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

ホーム »  連載・特集 »  治療+アピアランスケア »  がんとの共存を支える情報提供の在り方

治療+アピアランスケア 治療+アピアランスケア

がんとの共存を支える情報提供の在り方

 2019年11月29日 05:00
プッシュ通知を受取る

4名の先生が役に立ったと考えています。

 近年、がん治療の進歩により患者の生命予後が著しく改善されたことで、治療に関する情報だけでなく、社会生活上の問題への対処法などを求める声が高まっている。例えば、抗がん薬治療に伴い脱毛などの外見に変化を来すと、自尊心が損なわれて外出を避けるようになる人もいる。しかし、外見のケア(アピアランスケア)に関する情報を提供し実践してもらうと、喪失感が和らぎ気持ちが前向きになるケースは少なくないという。国立がん研究センター東病院精神腫瘍科長の小川朝生氏に、がん患者に提供すべき情報の種類や提供の在り方を聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  治療+アピアランスケア »  がんとの共存を支える情報提供の在り方