メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  急増!心不全 »  重要度高まるOnco-Cardiologyの視点

急増!心不全 急増!心不全

重要度高まるOnco-Cardiologyの視点

がん治療が心血管系へ及ぼす影響と対策を解説

東京大学大学院循環器内科講師・赤澤宏

 2019年11月29日 13:50
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 医学の進歩により、がんは「不治の病」ではなく治療と回復が十分に可能な疾患となった。その結果、がんサバイバーが急速に増加している。また、心疾患患者も生活習慣の欧米化と高齢化によって増加。必然的にがんと循環器疾患の合併患者を診療することの重要性は高まっている。腫瘍循環器学(Onco-Cardiology)の視点から、さまざまながん治療が心血管系に及ぼす影響とその対策などを中心に論じたい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ご自身の診療領域のガイドラインが改訂

ホーム »  連載・特集 »  急増!心不全 »  重要度高まるOnco-Cardiologyの視点

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R12522533 有効期限:12月末まで