メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  急増!心不全 »  重要度高まるOnco-Cardiologyの視点

急増!心不全 急増!心不全

重要度高まるOnco-Cardiologyの視点

がん治療が心血管系へ及ぼす影響と対策を解説

東京大学大学院循環器内科講師・赤澤宏

 2019年11月29日 13:50
プッシュ通知を受取る

2名の先生が役に立ったと考えています。

 医学の進歩により、がんは「不治の病」ではなく治療と回復が十分に可能な疾患となった。その結果、がんサバイバーが急速に増加している。また、心疾患患者も生活習慣の欧米化と高齢化によって増加。必然的にがんと循環器疾患の合併患者を診療することの重要性は高まっている。腫瘍循環器学(Onco-Cardiology)の視点から、さまざまながん治療が心血管系に及ぼす影響とその対策などを中心に論じたい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

年始の休み1月11日まで延長要請。どのくらい休めそう?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  急増!心不全 »  重要度高まるOnco-Cardiologyの視点

error in template: found but mtif was expected