メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  CGRPを標的にした新規片頭痛治療の到来間近

解説 解説

CGRPを標的にした新規片頭痛治療の到来間近

熊本市民病院脳神経内科首席診療部長 橋本洋一郎

 2019年12月13日 05:05
プッシュ通知を受取る

5名の先生が役に立ったと考えています。

 片頭痛の発作急性期の病態において最も重要な鍵を握っているのがカルシトニン遺伝子関連ペプチド(calcitonin gene-related peptide;CGRP)であり、CGRPを標的とした新たな片頭痛治療薬の開発が進められている。今回、CGRP受容体拮抗薬ubrogepantの片頭痛急性期治療における有効性と安全性が示された(N Engl J Med 2019; 381: 2230-2241)。トリプタン系薬剤に次ぐ片頭痛急性期治薬として登場が待ち望まれる(関連記事「片頭痛にCGRP標的薬は安全・有効」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「クラスター」「ロックダウン」...カタカナ語をどう思う?

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  CGRPを標的にした新規片頭痛治療の到来間近

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

R03523053 有効期限:3月末まで