メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  2020花粉症対策 »  2020年花粉予測③四国の多くで大幅減

2020花粉症対策 2020花粉症対策

2020年花粉予測③四国の多くで大幅減

全国の空中花粉研究者からー列島だより(西日本)

 2019年12月20日 05:10
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 今や"国民病"と称される花粉症の重症度は、当該シーズンにおけるスギ・ヒノキ花粉の飛散量に大きく影響される。そのため、飛散量の予測は花粉症診療を円滑に進めるための指針づくりともいえる。毎年、全国各地の花粉研究者などから飛散予測データを収集・報告してきたMedical Tribuneでは、来シーズンの花粉飛散予測を3回に分けて紹介する。今回紹介する西日本エリアに含まれる四国地方の多くの地域では、飛散量が2019年や過去10年平均と比べて大幅に減少する見込みだ。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

米大統領選、どっちが勝つ?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  2020花粉症対策 »  2020年花粉予測③四国の多くで大幅減

error in template: found but mtif was expected