メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  抗インフル薬バロキサビルをどう使う?

解説 解説

抗インフル薬バロキサビルをどう使う?

過度な使用は控えて

 2019年12月20日 16:53
プッシュ通知を受取る

46名の先生が役に立ったと考えています。

 11月上旬にインフルエンザの流行入りが発表された。昨シーズン(2018/19年)に爆発的に普及したインフルエンザ治療薬バロキサビル(商品名ゾフルーザ)は、1回の内服で治療できるという使い勝手のよさから、今年もその処方動向が注目されている。ただ、耐性ウイルスの出現への懸念から、その使用をめぐり関連学会での方針は統一されたものにはなっていない。同薬の発売当初から、耐性ウイルスの出現には注目すべきとしてきた感染症対策のエキスパートである川崎市健康安全研究所所長の岡部信彦氏に、発生が高率に報告されている小児にどう使用したらよいかを聞いた(関連記事「バロキサビルの耐性ウイルス問題に見解」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  解説 »  抗インフル薬バロキサビルをどう使う?

error in template: found but mtif was expected