メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  治療+アピアランスケア »  がん治療と就労の両立、その実態は?

治療+アピアランスケア 治療+アピアランスケア

がん治療と就労の両立、その実態は?

 2019年12月23日 05:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 抗がん薬の副作用による外見(アピアランス)の変化は、がん患者が治療と仕事を両立する上で少なからず影響する。「第三期がん対策推進基本計画(2017~21年)」でも、がんに対する偏見が問題として指摘され、外見の変化などに関する相談支援、情報提供の体制構築に取り組むことが推奨された。自らも思春期・若年成人(AYA)世代のがんを患い、がん患者の就労問題に精力的に取り組んでいる一般社団法人CSRプロジェクト代表理事の桜井なおみ氏に、がん治療と就労の両立における課題や支援策について聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  治療+アピアランスケア »  がん治療と就労の両立、その実態は?

error in template: found but mtif was expected