メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  脳卒中後認知機能障害をどう検査し、予防するか

ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中)

脳卒中後認知機能障害をどう検査し、予防するか

 2020年01月15日 05:05
プッシュ通知を受取る

28名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:PSCIの危険因子を包括的に研究

 一般的に脳卒中生存者における脳卒中後認知機能障害(poststroke cognitive impairment:PSCI)の発症率は低いといわれているが、有病率は地域、診断基準、評価法によって異なり、初回発作脳卒中を対象とした地域研究では7.4%、再発性脳卒中を対象とした病院研究では41.3%との報告があるなど大きな差が認められる。血管性認知症の初期には注意、作業記憶、遂行機能など複雑な機能が障害されるが、脳卒中後認知症では言語と視空間機能などが障害されるといわれている。

 今回、Stroke and Cognition Consortium(STROKOG)の国際コホートの参加者個別データ(individual participant data:IPD)を対象に、標準化されたアプローチを用いてPSCI有病率推定値と潜在的危険因子について検討した(Neurology 2019; 93: e2257-e2271図1)。

図1. 脳卒中後認知機能障害の危険因子:包括的研究

24738_fig1.png

Neurology 2019; 93: e2257-e2271)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

コロナ感染者が最多更新中の東京都、緊急事態宣言すべき?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 橋本洋一郎(脳卒中) »  脳卒中後認知機能障害をどう検査し、予防するか

error in template: found but mtif was expected