メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  新規コレステロール低下薬の登場

ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) ドクターズアイ 山田悟(糖尿病)

新規コレステロール低下薬の登場

クエン酸リアーゼ阻害薬ベンペド酸の第Ⅲ相試験

 2020年01月16日 05:00
プッシュ通知を受取る

43名の先生が役に立ったと考えています。

研究の背景:まだ十分にコレステロールを管理できない患者がいる

 コレステロール低下療法が心血管疾患を予防しうることについて、現時点で疑念を持っている方は少なかろうと思う(関連記事「やはりコレステロールは下げるべき」)。現在、われわれが手にしている心血管イベント抑制効果の報告があるコレステロール低下薬は、HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)、NPC1L1阻害薬(エゼチミブ)、PCSK9阻害薬の3種であり、この3つの薬剤を使用すれば、かなりの確率でLDL-Cを良好に管理できるようになったと感じている。

 しかし、PCSK9阻害薬はその薬価の高さのためか、保険適応がかなり限定されている。そして、高クレアチンキナーゼ(CK)血症を呈するなどにより、スタチンを投薬できない患者がそれなりに存在する。よって、症例数は限定されるものの、何か投与できる新規の薬剤があればよいのにと、もどかしい思いをする場合があることも確かである。

 そんな折、スタチンと同様にコレステロール生合成系を阻害してくれる新たな薬剤のLDL-C低下作用が(JAMA 2019;322:1780-1788)に報告された。今後、心血管アウトカム試験が出てくれば市場にて脚光を浴びることになろう。大いなる期待を抱きつつ、その論文をご紹介したい。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  連載・特集 »  ドクターズアイ 山田悟(糖尿病) »  新規コレステロール低下薬の登場